スポンサーサイト

2014.01.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

VBAのメモ

2011.01.19 Wednesday

VBAを使うことがあったのでメモ。

Findメソッドの戻り値はセル(Range("セル"))が返る
見つからない場合はnullではなくNothingという値が返る
Findメソッドで検索したセルを変数"I"にセットして
Iをセルとしてプロパティなど付けた場合、
Nothingが返っている場合エラーが出る。
基本IFで退避する

Dim I As Range

Set I = Cells.Find(Date) '今日の日付を検索

If I Is Nothing Then '=ではなくIs
MsgBox "日付けが見つかりません"
End 'エンドメソッドはマクロ全体を中止する
End If

Cells(I.Row, 5).Value = "hoge"
--VBA速度UP--
VBAマクロの始めと終わりに次のスクリプトを
追加挿入することで、かなり処理速度が向上します。

'---(1) 画面の更新の停止
    Application.ScreenUpdating = False
'---(2) イベントの処理の停止
    Application.EnableEvents = False
'---(3) 自動計算の停止
    Application.Calculation = xlCalculationManual
   
 処理
   
   
'---(3') 自動計算の再開
    Application.Calculation = xlCalculationAutomatic
'---(2') イベントの処理の再開
    Application.EnableEvents = True
'---(1') 画面の更新の再開
    Application.ScreenUpdating = True

True,Falseの開始BOOKと終了BOOKが違う場合注意。

参考
http://officetanaka.net/

スポンサーサイト

2014.01.27 Monday

  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

profile

last entry:2013/06/10

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others