スポンサーサイト

2014.01.27 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

 *平成19年4月1日の前と後で制度が変わります。

・償却額算出
    ◇旧定額法-取得価額×0.9×1/耐用年数
    1/耐用年数=定額法償却率(ただ耐用年数で割っただけ)
    旧定額法で取得価額の95%まで一旦償却し、その後残りの5%を5年で均等償却する。

    ◇旧定率法-未償却残高×旧定率法償却率
    こちらも5%うんたらかんたらで、そこから5年で均等償却する。
    ※残存価額-旧法で取得価額の10%と決まっている。
    ※償却可能限度額-旧法で取得価額の95%と決まっている償却できる限界(有形固定資産が95%、無形は100%)。

    ◇(新)定額法は取得価額×1/耐用年数。×0.9(残存価額)をなくして他旧定額法と同じ。
    均等に償却し最後1円残す。

    ◇(新)定率法-未償却残高×(1/耐用年数×2.5)
    定額法の2.5倍が新定率法の償却率(250%定率法)
    定率法は耐用年数毎に改定償却率、保証率が決まっていて、償却限度額が償却保証額(取得価額×保証率)を
    下回る年はその年の期首簿価(改定取得価額)から改定償却率で均等償却して1円まで(備忘価額)償却。
    ※新法で残存価額と償却可能限度額が廃止。1円まで償却可。

※償却限度額…まんまその年度で償却可能な限度額
    定額法-取得価額×定額法償却率
    定率法-(取得価額-既償却額)×定率法償却額
        ※既償却額…いままで償却してきた合計額
※改定償却率…未償却分を耐用年数によって2、3、4年・・・で均等償却するよう1/償却年と設定されている(少数にて表記)

・法定償却法
    個人-定額法
    法人-定率法(建物、無形固定資産など一部を除く)
・償却法の選択(定額法・定率法)
    「所得税の減価償資産の償却方法の届出書」を3/15日までに提出すれば、
    資産毎に償却法を選定できる。
・一括償却
    3年間の均等償却。事業の用に供した日関係なく原則割る3。
    固定資産税は非課税。
    期中で処分しても処分した分損金算入出来ない(あくまで3年で均等)。
・特例(即時償却)
    一定の要件を満たす青色申告者がH18年度〜H24年度に取得した30万未満の資産は一括で償却可(年間300万が限度額)。
    個人・法人共にOK。
    消耗品ではなく減価償却になる。
    償却資産税の対象になる。
    適用条件は減価償却費の計算に
        1.合計額
        2.措法28の2を記入(摘要欄)
        3.明細を別途保管
    を記入する。記載すれば明細(小額減価償却資産の取得価額の明細)を添付しなくてもOK!!
    ※一定の要件とは上内容の記載と、青色申告者で従業員数1000人以下の事業者であることのようです。
   


とっつきにくい減価償却についての整理・まとめです。基本個人では定額法による償却ですが、
先に大きく償却したければ届出を出せば償却法の選定ができます。
それと小額減価償却資産の特例について調べると国税庁の法人向け?のページが先にでるので、
個人は適用されないの??と思ってしまいそうになりますが、
こっそり奥深くにリンクされています。個人向けぽい措法28の2の説明
惑わされてしまう「一定の要件」ですが青色申告さえ適用しておけばとりあえず大丈夫そうですね。

国税庁償却率表pdf
国税庁旧償却例
国税庁新償却例
国税庁償却限度額計算例(ちょっと分かり易い)

※個人事業の場合の素人独自のまとめです。参考にしていただく場合は十分ご注意を。

償却資産税のまとめ

2011.04.23 Saturday

・固定資産とは土地、家屋、償却資産を総称したもの。
・償却資産とは土地、及び家屋以外の事業の用に供することができる資産。
・1/1現在所有している資産を1/31までに各市区町村へ申告
・償却資産の合計が150万未満の場合は免税。ただし申告は必ずする。
・固定資産税は国税ではなく地方税。
・提出先は資産の所在する都・県税事務所。
・償却済み、新たに改良した部分も申告する。
・自動車税、無形固定資産税(特許など)、繰延資産(長期前払費用など)、一括償却資産は対象外。
・提出書類→償却資産申告書、種類別明細書、種類別明細書・減少資産用(内容に変更があった場合のみ)

・税額(100円未満切捨て)=課税標準額(1000円未満切捨て)×税率(1.4/100)。※1.4%
・評価額の合計が課税標準額
・評価額の最低限度額は取得価額の5/100。
・評価額の算出 r=減価率(耐用年数によって変わる)

    前年中取得 「減価残存率=(1-r/2)=A」「評価額=取得価額×A=取得価額×(1-r/2)」
    前年前取得 「減価残存率(1-r)=B」「評価額=前年度評価額×B=前年度評価額×(1-r)」

※地方税は償却期間が半年償却の為、初年度は取得月にかかわらず半年分の償却の為割る2になる。
ただし1月1日取得した資産に関しては前年の12月を取得年月とする。

・その他要件によっては非課税となるものや、課税標準の特例等がある。
・固定資産は複数人で所有していても分割できず、1つの資産となる。
・国税では即時償却で簿価0でも地方税では耐用年数で償却。
・ただし一括償却(3年均等償却は)は償却資産税としては対象外。
・国税の減価償却とは全く別物、別管理。
・家屋(建物・建物付属設備)と償却資産の区別
    賃貸の造作は(内装費用等)償却資産となり借主が償却資産税を申告する。
    所有物に対する造作は家屋又は償却資産とで細かく分かれている。

2度目以降の申告で特に資産に増減がない場合は償却資産申告書の17.備考に
「増減なし」を付記すればOK。



見落しがちな償却資産税です。テナントの造作にもかかります。
150万未満免税ですがスケルトンを改装するとなるとまぁ大体あてはまるのではないでしょうか??
ひとつ悩みどころとして、いわゆる措法28の2少額減価償却資産の特例
即時償却にて全額費用化できる30万未満のうんたらかんたらです。
20万未満の一括償却資産(3年の均等償却)は償却資産税の対象になりません!
特例の30万未満の即時償却資産は償却資産税の対象となるようです。
150万、30万、20万ラインでうまく調整した方がいいみたいですね!

※個人事業の場合の素人独自のまとめです。参考にしていただく場合は十分ご注意を。

サイ本読みました

2011.04.20 Wednesday

ウソです。

読んでません。見ただけです。

第一部、はりっきてスタートです。
8章クロージャあたりからでしょうか、貧乏ゆすりが始まりました。
9章クラスとコンストラクタとプロトタイプで多少落ち着きを取り戻し、
が、しかしスーパークラスとサブクラス辺りで貧乏ゆすりが悪化。
10章は眺めて終わりました。

第二部のスタートは多少なじみのある単語などもでてきて希望が見えてきました。
が、しかし仕事が忙しく、ひどい睡魔に襲われまったく頭に入らず無理やり進めました。
15章辺りからは太字のみの鑑賞。英文でも読んでいるかのごとく、まぁ大体こんなことを
いってるのであろう、状態。ひどいです。

そのうち時間できたらゆっくり読みたいな。。。

サイ本を読んだ(ウソ)記念に、参考にしつつブックマークレットを作りました。

サイ本読んだ記念ブックマークレット

右クリックでリンクをブックマークしてください。
こっそり実行してPCをそのまま置いておいてください。

クリックすると要素が消えていきます。
重いサイトだと動作も思いです。

このしょーもないブックマークレットがあのサイ本を読んだ、
今の僕にできる結果となってしまいました。

はい、では仕事に専念します。


賃貸関連の仕訳

2011.03.30 Wednesday

EX. 賃貸契約時の仕訳

保証金の返金される予定の部分は差入保証金(敷金)などで計上。
保証金の返金されない部分(償却部分)は長期前払費用で計上し5年で均等償却(契約期間が5年未満の場合は契約期間で償却)。但し20万未満の場合は支払時に一括計上できる。
礼金も20万以上は5年又は契約期間で均等償却、20万未満は支払時に一括計上できる。
仲介手数料は支払時に全て費用化できる。

仕訳例

借方貸方摘要
差入保証金800,000現金1,600,000保証金返却予
長期前払費用200,000
保証金償却分
長期前払費用200,000礼金
支払手数料200,000仲介手数料
地代家賃200,000前家賃

EX. 賃貸更新時の仕訳

更新料も20万以上は5年又は契約期間(3年更新なら3年)で均等償却、20万未満は支払時に一括計上できる。

仕訳例

借方貸方摘要
長期前払費用200,000現金200,000更新料

EX. 決算振替仕訳

基本的には計上した科目償却(長期前払費用償却)で振替るみたいですが、支払手数料とか地代家賃とかでも良いみたい。

仕訳例

借方貸方摘要
支払手数料40,000長期前払費用40,000保証金償却
支払手数料40,000長期前払費用40,000礼金償却
支払手数料66,000長期前払費用66,000更新料償却

その他保険料、賃貸保証システムなども同じように決算日の翌日から起算して1年を超えてから費用となるものは長期前払費用で計上当期分を決算時に損害保険料、支払い手数料等で振替る。

長期前払費用とは資産の部で有形・無形固定資産に属さない資産だけど資産価値はなく費用になるもの??開業費などで上げられる繰延資産との違いが良く分かりませんがまぁいっか。



お子様向けお絵かきアプリcolor
↓リニューアルしました↓
Paint!
iOS、Android?、Chrome、Safari対応

ホーム画面に追加して、そこから立ち上げて使用していただくとフル画面になり使いやすいです。
一応横持ちでの使用を想定しています。


以前なんとなーく本屋入って、なんとなーく買ってしまった

iPhoneアプリケーション開発ガイド
HTML+CSS+JavaScriptによる開発手法

アプリを作る(作れる)気なんて全くなかったんですが、お手軽、簡単だよ!
みたいな雰囲気につい購入。
しかし作りたい(作れそうな)アプリなんてなくしばし放置。。。
とりあえずせっかく買ったんだしなんか1個くらい作りつつ読破しなければと思いつつ、
他にいくらでもありますがお絵かきアプリを作ってみました。

スクリーンショット

スクリーンショット

ASCIIjp:HTML5のCanvasで作る、Flash不要のお絵かきツール
こちら大変参考かつネタにさせて頂きました。


★ググれば出てくる事ばかりですが、作っててハマッタことなど★

オライリーのこの本分かり易く、丁寧に書かれてるイメージでした。
しかしひとつ残念なことに「HTML5のクライアントサイドデーターベース」
こちらに関して結構細かく記載されているのですが、この度HTML5からこの
データベースが廃止され、今回のiOSからデータベースが使用できなくなってしまったようです。
使えるよね?
まぁデーターベースなんてもともと私よくわかりませんが、
もっと簡単便利なローカルストレージで保存は対応。

それとオフラインキャッシュの仕組みは丁寧で非常に分かりやすかったです。
PHPコード使用させて頂きました。

ひとつしょぼんとしてしまったのが、何にも考えずにどんどん進めてしまい、
ユーザーインターフェースのアニメーションをjQueryで作ってしまいました。
PCで見る分には問題ないのですが、iPhoneでみるとそりゃアニメーションがぎこちない。
がっくししながらjQtouchのアニメーションを見てみたらCSS3で対応。
しかし今更jQtouchで作り直す気力も無く、そもそも良く分からなかったので、
とりあえずアニメーション部分だけCSS3の@Keyframes,transformで作り直し。
これのコールバック関数ってゆーんでしょうか?アニメーションの終了後に実行させたい
関数の設定にかなりハマリました。無茶なのわからんがsetTimeoutで対応。
しかしこのCSS3のアニメーション凄く動きが美しいんですね。
まだあまり対応してないようですが。

HTML5のcanvasについてはここ見ればだいたい解決できました。
データの保存、読み出し、その際のimg load後に書き出すなど。
ひとつつまづいたのが円や矩形を描く際一度描いた部分が残るので
指を戻した時に小さくする(指を離すまで大きさを確定しない)ことに悩みました。
それに関してはtouchstarteventが発生した際にcanvasを保存し、
touchmoveeventが発生する毎に一度canvasをクリアし、
保存したデータをcanvasに挿入、円・矩形を描く、という流れで回避できました。

それと保存に関してHTML5のlocalstorageをなんとなく使ってみました。
普通に配列で保存したかったんですが、なんだかオブジェクトとして保存できず、
テキストとしてしか保存できないみたい。
JSON.stringif()、JSON.parse()でいけるよ、みたいな記事が多々ありましたが、
いまいちいい書き方が思い浮かばずかなり非効率な書き方になってしまいました。
だけど一応読み書きできたから良し。

大体できたかなぁ!と思ったところで僕のiPhone3GSなんですわ。
そーいえばと思ってiPhone4ちょっとググッてみたら解像度が倍!
ちょっとiPhone4お借りして見てみたら画像がジャギってる。
がっくし、ま、画像を倍の大きさにして半分で表示すればとりあえず3GS,4共に
OKみたいだったのでムキになって一応対応。

あとこの本の後ろの方にphonegapを使用してネイティブアプリ化、
appstoreへの掲載の仕方、等出ていましたがwindowsだし、
面倒くさそうだしまだ読んでません。

細かいところでは
apple-touch-startup-imageはiPhone4用の画像に対応してない??
apple-touch-iconは3GSが57pxなので114pxでOK。
ちなみにアイコンの自動つやつやを摘要させない為には画像の名前を
precomposed.pngにするのではなくapple-touch-icon-precomposedで
画像の名前はなんでもOK。
あとちょっとわからなかったのですが
meta viewport
これの
user-scalable=no, initial-scale=1.0, minimum-scale=1, maximum-scale=1, width=device-width
これの
minimun-scaleとmximum-scale
これを設定しないと画面にうまくフィットしませんでした。
よくわからん。
イベントの取得など沢山の分かり易いサイトがあり助かりました。
あとiPhoneのスリープボタン押しながらホームボタンでスクリーンショットが
撮れるんですね!ちょっと感動。
ま、とりあえず最初からjQtouch使えば良かったという後悔。
それと簡単・お手軽!!HTML+CSS+javascriptでの開発!というところから考えると、
私にはobjective-cでの開発は不可能と感じました。

一応googlechrome,firefox,safariでも使えないことはないと思います。
オフラインキャッシュとローカルストレージデータを使用しています。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

profile

last entry:2013/06/10

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others